トップへ

フィジカルダンス自重トレーニングの負荷と回数は?​ - フィジカルダンス

フィジカルダンス ホーム » スポンサー広告 » フィジカルQ&A » 自重トレーニングの負荷と回数は?​
デオラボイオンクリア ブロンズターナー 加圧シャツで筋肉を追い込め!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HMBマッスルプレス

自重トレーニングの負荷と回数は?​

女性は10回、男性は最低30回!


17



これは普通の腕立てでの回数です。
学生時代に運動部だった人は、普通にこなせる回数だと思います。
(ですよね?汗)


しかし、
社会に出ると運動機会が極端に減るので、
女性だと普通に1回もしっかり出来る人は少ないかもしれません。

膝立で負荷を軽くし、
だいたい10回出来れば良いと思います。
これでもお尻が浮いてたり、
フォームが崩れているとあまり意味がありません。

これが男性だと、ある程度筋力があるので、
普通に10回は当たり前にやれるようにしたいところです。
腕立てでも手を置く位置や角度、回数で十分鍛えられます

重い負荷は大きな筋肉
少ない負荷は小さな筋肉
を鍛えると言われ、
重い負荷は、回数を少なくし大きい筋肉を発達させ、
逆に少ない負荷は、回数を増やし持久、瞬発力を養います

また自重の負荷と、
マシンやダンベルの場合はまた変わってきます。

目的に合わせて負荷と回数を確認し、
見せる筋肉と使える筋肉のバランス良く鍛えましょう!


詳しくはこちら
自重フィジカルレッスン
↓for woman
----------------------------------------
▶︎ Physical-S ◀︎
(専用サイトにとびます)


関連記事
HMBマッスルプレス
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://physicaldance.blog.fc2.com/tb.php/18-38737346

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。